名刺って旧時代の産物なの?

4月に近づくと新入社員が名刺交換の為や社会勉強の為に、街中で励んでいる姿を見て懐かしいと思う方も多いと思います。ですが、もう少しすればこれ自体が懐かしいと言われるようになるかもしれません。いや業界によってはなってきつつあるみたいです。それはインターネットやスマートフォンが普及した結果、SNS(ソーシャルネットワークサービス)と呼ばれるものが活性化したのもあります。名刺といえば自身の電話番号や会社名などを相手に知らせるだけでなく、それを通じて相手と話を盛り上がる一つのツールでした。中には木でできていたり、全部真っ赤だったりと相手に印象付けられる営業ツールにもなったり、沢山所持している=人脈が豊富で仕事も出来るといったイメージもありました。ですが現代は、SNSを見れば自分の経歴は一目で分かる様になっているし、SNSを通じてメッセージのやり取りをすることだって可能です。もっとSNSが普及し、誰もが持つようになればこの存在が無くなってしまうかもしれません。また今まで持っていた奴だって、業者に頼めば(業者によれば無料で)名刺リーダーを利用して、スキャンしてデジタル化できます。そうすればいつでも何処でも見ることができるのです。もう、大量の紙の置き場所に困る事も無くなるのです。

読まれる名刺作りのコツ!

「派手なデザインとフォントを使っておけば読まれるだろう」「情報が伝わればそれでいい」。なんて思っていませんか?派手なデザインは見た目のインパクトは強くてもそれだけで、内容は読まれないこともあります。では人に読んでもらえる名刺を作るにはどうすれば良いでしょうか。まず第一に読みにくい名刺では読んでもらえたとしても良い印象は持たれません。シンプルで読みやすいフォント、余裕を持たせた配置が重要です。一目見ただけで氏名、電話番号などの伝えたい情報が目に入ってくるようにしましょう。次に写真を挿入する場合についてですが、限られたスペースに貼り付けるので背景がごちゃごちゃしていたり遠くからの写真だと何が写っているのかわからず、相手に不快感を与えてしまいます。背景はシンプルに(出来れば単色)、対象がはっきり映るように撮影しましょう。最後に会社のロゴなどを挿入する場合ですが、裏面に大きく印刷するか、情報の記載されている面に透過して印刷しても良いでしょう。ここではごく一般的な文字と写真のみのものについて紹介しましたが、今は材質から印字の方法まで多種多様なので、見易さと個性のバランスを考え、自分だけの名刺を作ってみても良いでしょう。

Valuable information

犬のしつけ教室

浜松のオススメ餃子

戸田市でペット火葬

Last update:2017/12/21

『名刺』 最新ツイート

@ke303sugino

名刺で仕事をするな。 扇谷正造(大正~昭和のジャーナリスト・評論家)

24秒前 - 2018年08月17日


@shimacinderella

@Sae770 フォローありがとうございます😊よろしくお願いしますヾ(ΦωΦ)/ デレ全日行かれるのですね!!現地で名刺交換おねがいします🙇‍♂️

46秒前 - 2018年08月17日


@nondakure56

@ishiitakaaki せっかくですので羽田先生の政策顧問殿の名刺と一緒に拡散させていただきます。 この名刺の谷口さんって文科省汚職で起訴、逮捕されてましたね。 羽田先生が助けてあげないと、軍人の帽子を冠ったミリタリーマニアの… https://t.co/AjP51q8rcS

55秒前 - 2018年08月17日


Copyright (C) 2015 「伝統名刺」All rights reserved.